当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

News

ウクライナ人学生が日本舞踊を披露

お知らせ

ウクライナ人学生が日本舞踊を披露

本学で学ぶウクライナ人学生8名が11月3日、福岡市の大濠公園能楽堂で日本舞踊を発表しました。
日本舞踊を通じて国際文化交流活動を続ける「鯉の会」(福岡市、西川鯉近代表)が数カ月にわたり指導してきました。

 

ウクライナ人学生8名は、色鮮やかな着物姿で、同会の西川五郎さんが黒田節をもとに桜をイメージした創作の踊りに挑戦しました。
扇子を優雅に動かしながら、華麗な舞を披露し、観客約420人を魅了しました。

 

日本舞踊を披露した8人は稽古の成果を十分に発揮しました。
最後に一人一人が「平和のメッセージ」を日本語で語り掛けました。