当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

News

本学学生が台湾にて、2週間のプログラムを修了しました①

お知らせ

本学学生が台湾にて、2週間のプログラムを修了しました①

2019年8月7日(水)~20日(火)のおよそ2週間、台湾の「弘光科技大学」で行われた「summer program」に本学学生が参加しました。プログラムでは中国語の授業をレベル別に行うとともに、景勝地や文化施設の見学などの文化体験を実施。

 

世界各国から集まる学生たち同士は公用語として英語を使用し、チームになって行う文化研修も多いことから英語・中国語両方でのコミュニケーション環境にどっぷりと浸かることができるプログラムとなったようです。

 


Report 経営学部 経営学科 栫涼馬さん

 

自分にとって初めての海外留学となる今回。留学のチャンスが2年次の間しかないとのことで、「最初で最後の留学を」と思い今回の留学を希望。

 

留学前から英語を勉強していくなど入念に準備を行いました。海外で生の英語に触れることで語学力の向上につながっただけでなく、異文化の中に飛び込んで生活をすることで新たな発見もありました。

 

 

 

不安だらけの初留学。

周囲の方々に助けられました。

 

台湾での経験は私の中でとても大きなものとなりました。海外に行ったことがなかったためはじめは不安だらけでしたが、皆さんのサポートで無事に帰ることが出来ました。

 

 

イメージするだけではわからないことがたくさん。

ぜひ、自分の目で見て感じてほしい。

 

始めは、「親日国だから日本人が行きやすそう」「食文化が豊か」という印象があった反面、「治安が不安」「厳しい人が多いのかも」といった印象も抱いていました。しかし、今となっては行く前に思っていたよりもいいイメージを抱いています。特に人の優しさがとても印象に残っています。

 

交通や生活環境は日本とだいぶ違い、少ししか離れていない国なのにこんなにも文化の違いがあることに驚いています。ただ想像して”行った気”になるよりも、自分の目で見て感じて欲しいです。私にとって台湾はとても良い印象です。

 

 

様々な国の人たちと交流できたことがいい経験になりました。「行動してみてよかった」と迷っている人に伝えたいです。

 

タイや韓国、ベトナム、アメリカなどたくさんの国からも人が来ており、出身国のことやその人自身のことなど様々なことを話しました。異なる国の人々との交流は、他ではできないいい経験になったと思っています。

 

日本でずっと代わり映えのしない生活をしているのではなく、変化を求めて積極的に行動してよかったです。台湾で私を支え、共に協力してくれた方たちに本当に感謝したいです。

 

そして、日本で支えてくれた親、先生方、周りの方たちに感謝します。僕も留学を決めかねて困ってる人がいたら積極的にこの経験について話をしたいです。そしてこんなに素晴らしい経験ができたことをみんなに感謝したいです。

 

 

以前は苦手意識から語学を学ぶことを避けていました。今回の留学を通じて「もっと学びたい」と思うようになりました。

 

私は今まで語学を学ぶことに苦手意識があり、避けていました。しかし、今回の体験を通じて色々なことを学び「もっと知りたい」「もっと学びたい」と思いました。

 

これからも色々な経験をするためにも、語学の上達を目指して一生懸命頑張りたいです。他にもこの経験を通して学んだ文化の違いについて色々な人と話して共有したいと思っています。

 

また、自分でもこのような留学の機会や他の国の人達と交流できるような機会があれば積極的に参加したいです。そして、もっと見識を広げて皆と交流出来ればと思っています。